購入時の注意点|オリジナリティ溢れる家を作る方法【注文住宅で憧れのマイホーム】

購入時の注意点

一軒家

耐震性の確認

耐震性とは、地震が起きたときどのぐらい家が耐えられるかどうか判断するために必要なポイントです。耐震性の無い中古一戸建ては、地震が起きると直ぐに崩れてしまう危険性があるためしっかりと確認しておきましょう。耐震性を確認するときは、建築時期と地盤・メンテナンス時期を確認してみてください。中古一戸建てを購入するときは、耐震性について見直された耐震基準が改訂された2000年以降に建設された物が良いと言われています。

地盤の確認

地盤の確認も、耐震性と同じぐらい帯越なチェックポイントです。軟弱地盤と呼ばれる場所に家が建っていると、地震・大雨などの災害が起きたとき被害に遭いやすいと言われています。地盤の確認は、インターネットで調べることもできますが、場所によっては地盤に関する情報が後悔されていない所もあるため、その土地を管理している自治体の建築課に行って聞いてみましょう。液状化しやすいなどの条件に当てはまっている場合は、対策方法や過去の被害についても調べておいた方が安心です。

メンテナンスの確認

メンテナンス確認の場合は、どのぐらいの頻度で行なわれているか、どういったメンテナンスを行なっているかを確認しておきましょう。岡山にある中古一戸建て以外にも言えることですが、建設物は建設された日から徐々に劣化が始まると言われているため、定期的に適切なメンテナンスを行なう必要があります。最後に行なった時期を確認するときは、「家歴書」の内容を確認しておきましょう。稀に、中古一戸建てで家歴書が無い物件もありますが、こういった物件は岡山で立地条件が良い場所でも避けた方が無難です。

目視で確認

耐震性・地盤・メンテナンス頻度はある程度目視で判断することも可能です。目視で判断する場合は、
・コンクリート部分に大きな亀裂は無いか
・床下の換気をするための通気口はついているか
・家の中や基礎が傾いていないか
・柱など家を支える部分が変色していないか
・床下の基礎と土台の状態
・屋根を支える木材の状態
を確認しておきましょう。こういった症状が出ている場合は、不動産会社か住宅の持ち主にしっかりと確認ておきましょう。

広告募集中